店舗リフォーム注意点 その4

店舗リフォームを行う際、場合によっては施工期間中は、仮の店舗や、仮の事務所を構えなくてはならない人々もいることでしょう。知人のC男さんは、お店の改装を行う際に、仮の事務所と店舗を「半年間」借りる予定で、予算組みを行いました。ですが、半年経っても工事が完成することはありませんでした。工事の遅れの最大の原因は、天候でした。こればっかりは、仕方がありません。雨期の梅雨に加え、夏場の台風、猛暑続き・・・、工事の予定は大幅に遅れをとり、半年を予定していた仮店舗での営業も、伸び悩みました。仮店舗への移転告知を甘くみていた要因もあります。一端、離れてしまった顧客に戻ってきてもらうことは、容易ではありません。仮店舗の賃貸料もかさむばかりです。仮事務所と仮店舗を別々に借りていたC男さんですが、仮事務所は、店舗の片隅に臨時に設置し、経費を抑え、半年をしのいだそうです。大掛かりなリフォームほど、施工の長期化は、全てを蝕みます。天候や予期せぬ工事の長期化を責めることが解決方法ではありません。大掛かりな店舗リフォームほど、万が一の為の余裕のある予算組みが必要です。